アイスウォッチ、鮮烈な19SSシーズナルビジュアルを公開! ガリットチュウ福島による次元を超えた6変化

“遊び”をテーマにしたブランド史上初となるフリーマガジン「PLAY with ICE-WATCH」を創刊しました。メンズ・レディース・キッズと世代や性別を超えて愛されているアイスウォッチ。2019年春夏コレクションも、ビビットなカラーリング、フラワーモチーフ、カモ柄、ステンレスモデルと、圧倒的なデザインバリエーションを鮮烈なシーズナルビジュアルと共に公開。発砲スチロールを切り抜いたヘアスタイル、ゴーグルに見立てた腕時計、イエローの全身タイツ等、一般的な時計ブランドのイメージとはかけ離れる、“遊び心”を持ち合わせた斬新なアイデアが炸裂。監修したのは、ラフォーレ原宿の年間広告メインビジュアルや、きゃりーぱみゅぱみゅのCDジャケット、SHISEIDOの広告などを数多く手掛ける気鋭アートディレクターのSTEVE NAKAMURA。圧倒的なレパートリーのモノマネで大ブレイク中の芸人ガリットチュウの福島をモデルに起用し、遊びの本質を知る二人ならではの、ユニークでPLAYFULなアイスウォッチの世界観を表現しました。フリーマガジン「PLAY with ICE-WATCH」は、2019年春夏コレクションの情報を中心に、同年3月1日(金)付けでアイスウォッチスペシャルパートナーに就任した実力派5人組ダンス&ボーカルユニット「Da-iCE」のインタビューや、都内に10店舗構える人気美容室「PEEK-A-BOO」のスタッフ着用コーディネートなど、アイスウォッチの魅力をより楽しめるコンテンツが盛りだくさんとなっています。2019年3月17日(日)より、全国のアイスウォッチストア及び取扱店にて数量限定で配布しておりますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。


MODEL:YOSHINARI FUKUSHIMA / ART DIRECTOR:STEVE NAKAMURA
PHOTOGRAPHY:SHUNYA ARAI / STYLING:TOSHIO TAKEDA
HAIR&MAKEUP:SHINJI KONISHI / RETOUCHER:TAKU HATAO

ファッションは自由で楽しいものでなければならない。
ダイバーシティー、且つポジティブな精神を持つファッショナブルなアイスウォッチと、
福島さんのユーモア溢れるアイデンティティをミックスした。
ファッションとヒューマンの間の世界を表現したかった。
一言でいえば、”PLAY with 福島さん”(笑) – STEVE NAKAMURA

一流のブランド、一流のディレクター、一流のカメラマン、一流のスタイリスト、一流のヘアメイクが
どう5流芸人を仕上げるか楽しみでしたが、すごい面白くなりました。
現場も楽しく、出来上がりが楽しみですがオシャレ度より面白さが勝ったら申し訳ございません。- 福島善成

STEVE NAKAMURA スティーブ・ナカムラ アートディレクター

1973年ロサンゼルス生まれ。2001年から東京で活動。CENTRAL SAINT MARTINS卒業。2015年からラフォーレ原宿の年間広告メインビジュアルアートディレクターを務める。きゃりーぱみゅぱみゅのCDジャケットは、2011年のデビューから2016年までの5年間アートディレクションを担当。2016年に食品サンプルをテーマにした写真集『NEARLY ETERNAL』をCLAIRE DE ROUEN BOOKSで出版。写真集の展示をロンドンのSELFRIDGESとBOOKMARC(MARC JACOBS)で開催。2017年に野性爆弾くっきー「超くっきーランド」のメインビジュアルをを担当。その他、SHISEIDO、NIKEの広告キャンペーンやTIME OUT TOKYOの表紙2号~などのアートディレクションを担当。T:THE NEW YORK TIMES STYLE MAGAZINE、アイデア、WALLPAPER*、NOWNESSなどにも作品が掲載された。 http://www.stevenakamura.com/

福島 善成 ガリットチュウ お笑い芸人

1977年、熊本生まれ。NSC東京港2期生として入学。お笑い芸人としての人気はもちろん、変装モノマネ500個、一般人モノマネ220個と、モノマネレパートリーが多く、近年ではモノマネ芸人としてお茶の間を賑わしている。180cm・83kgの体格と柔道経験者ということもあり、力にも自信があり、腕相撲がとにかく強い。フライパンを曲げたり、週刊少年ジャンプを1秒で破ってしまう怪力技も。 https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=448

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう